パッケージ完成!そのこだわりについて。

TOKYO WOOD PICKのパッケージが完成しました!

R0016887

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手触りのいいクラフト紙に丸いフィルム張りの穴が空いていて、そこからTOKYO WOOD PICKが見えるというしくみです。

その穴はギターのサウンドホールになっていて、パッケージを手に取った瞬間に中に入っているもののイメージが湧くステキな包装です!

オモテ面はもちろんですが、実はウラ面にもこだわりがあります。

R0016893

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラ面には「日本の森」「東京の森」のコト。

ものづくりに関するこだわりをシンプルな言葉で書いています。

そして私たちがこだわった「素材」と「仕上」は日本語を含む6カ国語で記述しました。

【東京、多摩産のヒノキをつかってウッドピックをつくっている】ということ。

【現在ではLack(ラッカー)と英語表記されてしまっていますが、以前は「JAPAN」や「URUSHI」と呼ばれていた漆(うるし)をつかって仕上げている】ということ。

この2つはどうしても多くの方に知って欲しくて、日本語・英語・スペイン語・ドイツ語・フランス語・中国語で表記することにしました。

R0016906

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOKYO WOOD PICK Redのパッケージ。

R0016898

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOKYO WOOD PICK Blackのパッケージ。

R0016892

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0016908

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くのヒトに手に取ってもらいたい、すごくステキなパッケージができたと思います。

TOKYO WOOD PICK ONLINE SHOPで購入が可能です。

ぜひ自分用にも大切な人へのプレゼントとしても。

パッケージ完成!そのこだわりについて。」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。